INTERVIEW
01

その都度、現場で身に付くサポート体制が心強い。
仕事とプライベートが両立できるところも魅力です!

PROFILE

  • 2018年新卒入社/入社1年目
  • 山村 惇
  • 営業本部 ダストコントロール部
  • 北大阪第1営業所 

 

入社の決め手は?


父がキレイ好きなんです。いつも家の中が整理整頓された環境だったから、僕自身も片づけ体質というか、気づいたら掃除好きになっていました(笑)
 
就職活動中はいろんな業種を見てまわりましたが、自分が働く姿をイメージできなくて……。そんな時、業務用のレンタル清掃用品を取り扱う当社と出会い、“これは縁だ!”と思ったのがきっかけです。
 
それに、マットやモップなどの商品をただ交換するだけでなく、毎回、お客様と直接お会いしてお届けするので、商品の使い心地や実際の声を伺いながら、改善点の模索や新たなご提案ができる営業スタイルに共感できたことがポイントです。
 
そしてもうひとつ、入社を決めるうえで僕にとってはハズせないポイントがありました。
じつは、学生時代から現在も陸上競技をやっているんですが、基本、土日に練習や試合が重なることが多くて。
 
私の所属するダストコントロール部の場合、土日は完全週休二日制ですし、祝日もきちんと休める!
 
仕事とプライベートをきっちり区別できる点は、働くうえで大きなモチベーションにつながっています。

入社後のギャップはありましたか?


まだ学生気分が抜けずにいたので、商品知識や営業のやり方よりも、社会人としての挨拶やマナーがきちんとできるかの方が不安でした。
 
でも、入社前に1週間の新人研修があって、社会人としての基本マナーや自社商品の知識を学べる体制が整っていたこと。また、同じような不安を抱える同期とチームワークを高めるうちに絆も深まり、良きライバルとして切磋琢磨できる関係が育めたのは、思いのほか大きな収穫でした。
 
それに、「不安なことは現場で身に付くし、営業しながら覚えていけばいい」という、先輩からの言葉は説得力があり、心強かったですね。実際、独り立ちするまでの3ヵ月間は、上司と先輩が同行してくださり、引継ぎのご挨拶から、顧客ごとに抱えるニーズなどを教えて下さるサポート体制があったので、初日から不安も半減しました。
また、名刺の渡し方や挨拶の仕方、営業スタイルなど、至らない点や疑問点は、次の営業先へと急ぐ車内や帰社してから、その都度ご指導して下さいました。
 
現場で直接、指導を仰げるうえに、シチュエーションごとの弱点やノウハウがその場で身に付くサポートがあるので、僕にとって仕事を覚えるうえで想像以上に良いギャップでした。

仕事内容を教えてください


配属先は当社の主力商品である業務用レンタルマットとモップを取り扱う「ダストコントロール部」です。
 
先輩から引き継いだ既存の顧客先を担当し、主にレストランや居酒屋などの飲食店のほか、ホテルや病院、オフィスなどの企業を約50軒ルート営業しています。飲食店様への商品交換は約1週間ごと、ホテルや病院、企業様への商品交換は約2週間~4週間ごとの交換になりますので、各店舗のマットやモップの交換時期を顧客先のスケジュールと考慮しながら組み合わせ、毎日平均して20~30軒の顧客を訪問しています。
 
また、営業ですので新規の顧客先を獲得する必要があります。毎日、ルート先をまわりながら、当社の商品をご提供できそうな店舗や企業先をチエックしています。
 
さらに、営業をする際、主力商品だけに限らず、どんな商品が適し、喜ばれるかを考える余裕が必要ですし、現在、僕の課題でもあります。

仕事で苦労したことや心がけていることはどんなことですか?


じつは僕、営業先から戻って行う伝票整理が苦手なんです。
 
最初は小さな数字の違いでも、月末には集計が合わなくて苦労しました。何度かミスを繰り返してしまい、先輩にも注意されたことで目が覚めましたね。それ以降、不備は必ずその日のうちに処理することで月末が楽になっただけでなく、仕事がスムーズに進められるようになりました。
 
また、営業の仕事は商品の交換と集配だけではありません。マットやモップ以外にも関連商品があるので、既存の顧客先へは新たな商品のご提案、そして新規の顧客先を獲得するまでが仕事です。1日に20~30件ほどまわるルート営業ですから、1件あたりに割ける時間は数十分程度。しかも営業時間中にお伺いする店舗が多いため、極力、邪魔にならないように配慮しながらも、お客様とのコミュニケーションは大切にしています。
 
お客様の満足度はふとした表情から垣間見られますし、お客様が働く周辺の様子にも目を配らせます。そうすることで、欲していることや困り事は何か?どのアイテムとマッチングすれば悩みが解消されるのかが見えてきますから、つねに意識しています。
 
また、お昼や休憩先で利用する店舗が新規顧客先の候補になる可能性が高いので、できるだけ車外に出て昼食や休憩を挟むように心がけています。

同社のエエところはどんなところですか?


営業ですから基本、事務作業は少ないですが、配置されたデスクには仕切りがないので作業がしやすいことはもちろん、垣根がない分、いつでも仕事の相談がしやすい工夫がなされています。
 
実際、先輩や上司だからといって遠慮せず気軽に会話ができる和気あいあいとした風通しの良い環境ですし、当社の先輩や上司の方々は現場を経てこられた経験者ばかりです。
どんなに小さな相談でも過去を遡り、自分のことのように共感しながら的確なアドバイスが返ってくるのでイメージが掴みやすく、仕事に反映しやすいんです。
 
さらに、当社には営業表彰制度があり、頑張った先には賞金や海外旅行などが授与されるので、日々のやる気につながっています。

新卒のみなさんへアドバイスやエールを送ってください!


『慢心や見栄を張らず、わからないことをわからないと言える素直さと謙虚さを持て!』
この言葉は僕が大学時代、ゼミの先生から贈られた言葉なんですが、今、まさにその意味が身に染みています。
 
いつまでも学生気分でいるのはダメだし、同じことの繰り返しはもってのほかですが、所詮は社会人1年生。わからないことだらけで当たり前だと思うし、恥ずかしいことじゃない!むしろ放置するほどに仕事の悩みが大きくなり、やがては仕事がキライになってしまうと思うんです。
だからこそ、特に1年目は今更なことでも、自分で答えが見つけられないときは遠慮せず、先輩方に聞くというスタイルをクセ付けてほしいですね。それが仕事を覚えるうえで一番の近道だと思います。
 
僕も後輩が困っていたり、仕事に悩んでいたら、いつでも良きアドバイザーとして頼りになる先輩を目指します!

ENTRY


マイナビ 2020からのエントリーはこちら


弊社HPから直接のエントリーはこちら